“e-flat”BLOG


広報 金子です

 

 月に一度、「e-karat」では所長が集まって、各地域の太陽光発電所のメンテナンスに関する状況や保守体制についての情報共有を行っています。

 今回は、「e-karat」の太陽光発電の管理業務で働く、優秀な大学を卒業してきたベトナム人のスタッフたちに、安全講習のための研修会を設けました。みなさん、日本語もわかるので通訳の補助は入れていますが、十分理解いただけます。

同日、夕方には「e-karat」では所長向けに、お客様へのサービス強化をはかるIT化の説明会がありました。いま「e-karat」の保守メンテナンスサービスは大きく広がっています。今年7月には、四国・九州営業所の開設に伴い、20203月末日までのキャンペーンも実施しています。(詳しくは、こちらをご覧ください)

https://east-karat.com/

 

 いま、他社さまの発電所から保守メンテナンスについて問い合わせをいただく機会が増加しています。「e-karat」は、お客様に『e-karatに依頼してよかったと評価いただくことが何よりの励みになります。最近では、想定しない自然災害も多くなり豪雨や急な気象変動などによって太陽光発電の設備に不具合が生じるケース、あるいは盗難、メンテナンスを見送っていたために周りの雑草が伸びすぎて発電パネル自体を覆い隠して発電量が低下するなどの事象も起きています。

多くのお客様の状況を正確に把握して、お客様所有の発電設備の調整に必要手配が迅速に対処できるよう、これまで以上のサービス向上に努めています

 

 保守・メンテナンスは、故障などが起きた後の修繕といったイメージを持たれる方も多いと思いますが、これからはそうした故障や事故を未然に防ぐための認識が費用対効果の面からも重要になってきます。

 そのためにも「e-karat」は、日々の状況を蓄積して必要な保守の傾向や定期点検、発電パネルの稼働監視やそのほか太陽光発電所の整備にかかわるサービス体制の精度を高めています。

 

Theme
トピックがありません。
Archives
なし。

コメント欄を読み込み中

お問い合わせ